takeさんのnikki ~"K2”さん日記~

ダイバーシティを追求 ネットと紙媒体に舵を切る 14が好き 東京は嫌いだが江戸は好き(*‘ω‘ *)

“四つ葉のクローバーには、2つの可能性がある。良いこと、悪いこと” |小学校の遠足での思い出話....

f:id:ktake0606:20190418124713j:plain

マツヨイグサ属(まつよいぐさぞく、学名:Oenothera)はアカバナ科の属のひとつ。北アメリカ大陸・南アメリカ大陸原産の一年草または多年草。花の美しい種が多く、日本には観賞用・園芸用として導入されたが、逸出の結果現在では14種が帰化している。
「マツヨイグサ」は分類上は本属中の一種 Oenothera stricta を指すが、口語においてはオオマツヨイグサやメマツヨイグサなども含め、本属中の黄色の花を咲かせる複数の種を大まかに指す語として用いられる。(パイオニア)

マツヨイグサ属 - Wikipedia

四つ葉のクローバーには2つの可能性“良いこと悪いこと”

小学校2年生くらいの頃のことを思い出しました....

 今日は天気も良いので散歩をしてきました。

 近所の商店街にあるパン屋さんで4点購入。コンビニでカフェラテを買い求め、その足で林試の森公園へ向かいました。

 様々なことを考えては、良い、良くないと頭の中で整理していくのですが、それとは別の話として、記憶の整理の最中で、小学校2年生くらいの頃のことを思い出しました。

 

林試の森公園(りんしのもりこうえん)は、東京都目黒区下目黒と品川区小山台にまたがり所在する都立公園。

西ヶ原(現・東京都北区)にあった農商務省林野整理局樹木試験所(1878年(明治11年)設立)から、目黒川支流の羅漢寺川谷戸南側の北斜面の現在の地に植樹を移し、1900年(明治33年)6月に「目黒試験苗圃」を設置した。当時の広さは約45,000坪であった。

林試の森公園 - Wikipedia

“良い結果”が出たからといって油断するな

 遠足でのこと。

 友人と四つ葉のクローバーを探していました。互いに探してゆき、僕が先に見つけ、その子に見せに行くと、こんなことを言ってきました。

 「四つ葉のクローバーは、2つの可能性がある」のだとか。

 その二つとは「良いこと」か「悪いこと」

 僕は子どもだったので、何のことを言っているのかさっぱり分からず、

 “四つ葉のクローバーを先に見つけたのに、なんて嫌なことを言うやつなんだ”

 と、思いました。が、内心はそう思いつつも、いつもと同じように対応し、遠足をひとまず終えました。

 「良いこと」か「悪いこと」とは、浅草浅草寺のおみくじの話と似ているのだと思うのですが、これは別の話。

 

司馬遼太郎と寺社を歩く (光文社文庫)

司馬遼太郎と寺社を歩く (光文社文庫)

飼い猫を友人宅へ連れていくが、“サイアク”の結果に....

前かごにいれ、きた道とおなじ道を帰るも

 後日、その子の家で遊ぶ約束をし、帰宅後、向かうことにしました。

 そのころ保健所でもらってきた猫を飼っていました。その子は、飼い猫として、2代目となります。

 学校から帰っては、ともに過ごしていました。

 いま思うと、マズいことになるに決まっていると分かるはずなのですが、その飼い猫を自転車の前についているかごに乗っけて、友人の家まで連れていくことにしました。

 友人とその猫とともに過ごし、日も落ちてきたので、前かごにいれ、きた道とおなじ道を帰ってゆきました。

必ずしも“四つ葉”が良いわけでもない...

 その猫も疲れたのか、それとも、緊張していたか、ぐったりしていましたが、なんとか家の前まで連れてくることが出来ました。

 緊張がほぐれたのか、安心したのか、家の前につくと、とつぜん、かごから飛び出し、道路の方へ......

 「四つ葉のクローバー」の話を思い出しました。

 夜中まで泣きながら、思い出しました。遠足で言っていたことは、こういう事なのかな、と思い出したのです。

 

100万分の1回のねこ (講談社文庫)

100万分の1回のねこ (講談社文庫)

  • 作者: 江國香織,岩瀬成子,くどうなおこ,井上荒野,角田光代,町田康,今江祥智,唯野未歩子,山田詠美,綿矢りさ,川上弘美,広瀬弦,谷川俊太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る