takeさんのnikki ~"K2”さん日記~

ダイバーシティを追求 ネットと紙媒体に舵を切る 14が好き 東京は嫌いだが江戸は好き(*‘ω‘ *)

互いに足を引っ張るような結果に成りかねないので、独立に向けて前進 |『3月のライオン』前後編とともに、川崎チネチッタで観た....

f:id:ktake0606:20190225170446j:plain

モチノキ(黐の木)とはモチノキ科の植物の一種。学名:Ilex integra。別名ホンモチ。

本州、四国、九州、南西諸島、台湾、中国中南部に分布する雌雄異株の常緑高木であり、株単位で性転換する特性がある。 開花期は春、花弁はうすい黄色でごく短い枝に束になって咲く。雄花には4本の雄蕊、雌花には緑色の大きな円柱形の子房と退化した雄蕊がある。晩秋に直径1センチメートルほどの球形の赤い果実をつける。

葉がクチクラ層と呼ばれるワックス層に覆われていることから塩害に強い。寒気の強い内陸では育ちにくいため、暖かい地方の海辺に自生する。刈り込みに強いことから公園、庭などに植栽される。

モチノキ - Wikipedia

互いに足を引っ張るような結果に成りかねないので、独立を目指す

 確認できました。ひと先ず納得しました。無理なのだなとあきらめもつきました。

 “良い、悪い” “変、変じゃない”というのを主観のみで下すことは、差別でしかない。また、たとえば、閉じた空間で、“良い、悪い” “変、変じゃない”を数を背景に決めてしまうのも差別。イジメでしかない。

 余りにも納得がいかないので、なぜだか、映画『3月のライオン』Blu-ray版を購入を検討。

映画『3月のライオン』Blu-ray版を購入を検討

 納得はしてます。相も変わらずでした。対応に変化は見られない。あの空間で、互いに成長していくことは難しい。それどころか、互いに足を引っ張るような結果にも成りかねないので、できる限り独立に向けて進んでいこうと思います。

 健全な考えですね。実家にご迷惑をおかけできませんので(*‘ω‘ *)

 映画『3月のライオン』前後編とともに、川崎チネチッタで観ることが出来ました。最近はご無沙汰となっておりますが、みたい映画もあるようなので、時間をみつけて観に行こうかな、と考えております。

 漫画『3月のライオン』14巻は購入済みよ(*‘ω‘ *)

『3月のライオン』(さんがつのライオン)は、羽海野チカによる日本の漫画作品。将棋を題材としており、棋士の先崎学が監修を務める。

ヤングアニマル』(白泉社)にて2007年第14号から連載中である。原則毎号連載だが休載が多いため実質不定期連載となっている。特に単行本コミックス新刊発売前は2 - 3号程度連続で休載し、新刊発売時に連載再開する際、発売された単行本の続きから本誌で読めるようになっている。

棋戦について、作中では全部で7つのタイトル戦が存在し、名人戦以外は異なる架空の名称となっている。なお、獅子王戦については本作とのコラボレーションで「第零期 獅子王戦」と銘打った非公式戦が2017年3月に開催された(詳細は将棋電王戦参照)。

コミックス14巻では羽海野の前作である『ハチミツとクローバー』の「藤原デザイン事務所」の面々が登場し、『ハチミツとクローバー』のその後に触れられると共に、零が部長を務める駒橋高校将棋部(部員は校長、教頭ら教師陣)と職団戦(職域団体対抗将棋大会)で対局する。

3月のライオン - Wikipedia