takeさんのnikki ~"K2”さん日記~

ダイバーシティを追求 ネットと紙媒体に舵を切る 14が好き 東京は嫌いだが江戸は好き(*‘ω‘ *)

“タケさんドクトリン”を発動中 |情緒豊かな人が好きですね。情け深い人が好きです(*‘ω‘ *)

f:id:ktake0606:20190427084559j:plain

“タケさんドクトリン”を発動中

 過去44年すべてのイメージが悪化

 そうだ、“タケさんドクトリン”を発動しよう、そう決意したのは、早朝。

 今日も例のごとくショートスリーパーを発動。あさいちから怒りがある。たしかに、八つ当たりともいえるし、“言いがかりだよそれは”と言われれば、そうなのかも知れないが、東京が好きになれない。

 もちろん、自覚としても、“言いがかり”“八つ当たり”とは、理解しているが、実際に良くないことに巻き込まれてしまっている。また、関係しているものまで巻き込んでいる。

 過去44年すべてとイメージできるのだ。

 だからと言って、東がすべて悪いことにはならないし、ただの言いがかりに過ぎないのかも知れないが、イメージは良くない。良くないイメージしかわかないのは事実。わたしの頭の中で起きている事なのだから、他者に分かりっこないのだ。

解説①

“タケさんドクトリン”に、新たな仲間が増えました。

良くないイメージを植えつけるメディアを遠ざける。テレビは代表的。また、良くないニュースを遠ざける。事件事故、芸能スキャンダル。ネットにおいても、その手のものを踏まない。ここまでは、今まで通り。

雑踏では眼鏡を外して行動。これは、現実的な判断でした。良くないイメージを遠ざけるのとともに、太陽光や、車や自転車のライトの灯りの眩しさを半減させる効果があることが分かりました(*‘ω‘ *)

ドクトリン (doctrine) とは、政治、外交、軍事などにおける基本原則をいう。元々の意味は「教理」、「教え」。原義は「前提とするもの」。軍事では、戦闘教義(略して単に「教義」)ともいう。

現在の日本の政治では、公約を使用して基本原則を明らかにすることが多いので、用語「ドクトリン」はほとんど用いられない。

ドクトリン - Wikipedia

「東」ではなく「西」でした。心では情では西でした

 外側に反映されているところから判断され、“大丈夫そう”と、話しをすすめられてもかなわない。“大丈夫そう”というところまで戻しているのは、他者ではなく、自分自身で行っていること。

 そういった無責任な判断で進められると困る。

 実際に良くないことも起きているのだから、慎重に進めることができると良い。そんなふうに思います。丁寧に、接することが出来ると良いですね。ひとに丁寧に語りかけることが出来ると良いですね。心に語りかけることができると良いですね。

 そういった情緒豊かな人が好きですね。情け深い人が好きです。

 そんなことを考えると、「東」ではなく「西」でした。心では情では西でした。文化では西でした。

透明水彩で描く 世界でいちばん美しい細密画

透明水彩で描く 世界でいちばん美しい細密画

姿かたちではなく、心が文化が「西」的な人が好き

 誤解されたくないので、説明していくと、モノとしての東西ではなく、心としての東西。つまり、地域や地名などの見えるところではなく、そのものの持っている気質の部分。たとえば、名は“東”を連想されるが、中身、気質、心の部分が“西”が良いと言っている。 

 姿かたちにあらわれているところではなく、心が文化が「西」的な人が好きですね、というお話です。ただ、何れにしても、東はあまり好みではない、という事になりますね。

 モノより心ですね。以上です(*‘ω‘ *)

[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~

[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~