takeさんのnikki ~"K2”さん日記~

通信紙媒体ナナイロが好き 2019年"AI元年” "AI”とはQUEENすべてのことを示す

色について勉強しました.... |寒色系は「ダイエット」「鎮静効果」があるようです。暖色系は....

f:id:ktake0606:20190710223503j:plain

食事制限や運動をせずに、食欲を抑制できるダイエット法があるとしたら嬉しいと思いませんか?

「青色ダイエット」が、その嬉しいダイエット法といえるかもしれません!?

「青色ダイエット」とは、色の持つ効能をダイエットに有効に使う方法です。色は視覚を刺激して脳に様々な影響を与えるもの。色によっては食欲を抑制させたり、集中力を高めたり、ストレスを軽減する効果があるのです。

そこで今回は、ダイエットに効果を発揮する色=「青色ダイエット」の効能や様々な方法をご紹介したいと思います.....

https://sirabee.com/

青・黄・黒・緑・赤の輪を重ね連結“五大陸を意味”

寒色系はダイエットに効果があるようです....

 “青が良いのか” “赤が良いのか”

 結論から申し上げますと青が良いようです。

 「ダイエット効果」「鎮静効果」が見込まれるようです。 

 では、青はどう良いのか。

 青は食欲を減退させる効果がありますので、ダイエットを考えている人などは意識的に、青い器なりで工夫して食事をとることをおすすめします。

 また、鎮静効果もあるようなので、落ち着かない時や、イライラして仕方がない時などは、部屋に青色のものを置くことや、カーテンを寒色系にすることも良さそうですね。

 

東京古地図散歩【山手線】

東京古地図散歩【山手線】

  • 作者: 生田誠,(発行)フォト・パブリッシング
  • 出版社/メーカー: メディア・パル
  • 発売日: 2019/03/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
「食欲増進」「興奮作用」の“赤”

 駅のホームに青色LEDの照明が設置されております。

 自殺防止の効果があるようです。また、犯罪の件数が減少したり、サービスエリアなどで、ごみ箱付近に青色の照明を設置、付近を照らすことによって不法投棄も減少したそうです。

 青にはそのような効果があるようです。寒色系全般といえるのかも知れませんね。

 暖色系は、寒色系の反対になるようです。

 赤は食欲増進。興奮作用。衝動的になりやすいようです。また、オレンジや黄色もそのような傾向にあるようです。

 暖色系や寒色系を、自身の状態や、対象によって使い分けるのが良さそうです。

 

Train Night View 夜の山手線  4K HDR 内回り [Ultra HD Blu-ray]

Train Night View 夜の山手線 4K HDR 内回り [Ultra HD Blu-ray]

白が嫌いな人は、偽善者が苦手

 個人的には、ここに分類されるようです。自分も白は好きではありません。

 やはり、膨張して見えますし、夏は白い衣服を選ぶと日焼けしやすいと、何かで読んだ事があります。反対に、黒を選んだほうが良いという事になるようです。日傘も黒を選んだほうが良いようです。

 腹黒い人ほど、その腹黒さを気づかれまいと、白い色を選びやすいのではないか。また、やましいことは無いという自信があれば、色など考えることなく、黒を選択し、街中を堂々とあるけるはず。

 白いものを好む人ほど、怪しいと考えたほうが良い。

年齢別好きな色   

f:id:ktake0606:20190628152817g:plain

まとめ:青....「ダイエット効果」「鎮静効果」

青....「ダイエット効果」「鎮静効果」

赤....「食欲増進」「興奮作用」

白....膨張して見える、日焼けしやすい

黒....引き締まって見える、日焼けしづらい

 痩身に重きを置くと、青や黒といった、落ち着いた色を選んだほうが良いという事になります。反対に、赤は食欲増進や、興奮作用もありますので、ダイエットには良くないようです。

 白も膨張して見えますし、夏などは日焼けしやすいなど、場所を選ぶようです。

 ダイエットや落ち着いて過ごしたいなど、そういった効果を考えるのであれば、青や黒と落ち着いた色を選んでこそとなるようです。

 色など、決めつけることなく、その都度、好きなものを着れば良いと思います。個人的にはそう考えており、その日の気分によって変化をつけても良いはずだし、季節によっても変化が必要になりそうですね(*‘ω‘ *)

黒になりたいと、そう思った....

五輪の輪の一番真ん中の色は黒"黒の輪でロック”

 理由はさまざまあるように思うが、確信を得たとするのなら、千歳烏山駅から、芦花公園駅へ向かう際のこと。

 やはり、多様。

 様々な文化を知る努力を重ねる必要があるように感じた。人の心を知る。一人ひとり向き合う。その心を知る。様々な心を知ることを恐れず続ける必要があるように感じる。

 以前なら、そう考える事はなかったが、一人ひとりと向き合う中で、見つけることがようやくできた。

青・黄・黒・緑・赤の輪を重ね連結“五大陸を意味”

f:id:ktake0606:20190628175859p:plain

オリンピックシンボル - Wikipedia

芦花公園駅(ろかこうえんえき)は、東京都世田谷区南烏山三丁目にある、京王電鉄京王線の駅である。駅番号はKO11。

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホームは曲線上に位置し、駅舎は橋上にある。

開業時の駅舎は地上に立地していたが、1982年3月に地下化され、2010年9月頃に橋上駅舎化された。橋上化に伴い、新たにエスカレーターとエレベーターが設置されたほか、南口に駅前広場が整備された。なお、橋上化以前は車椅子用のスロープが設置されていた。

芦花公園駅 - Wikipedia

なぜ、キウイフルーツをヨーグルトで和えていたのか

 キウイフルーツをカットし、ヨーグルトを和えて食卓に並べるのか、それとも、和えるのではなく、カットされたものにかけるだけか、という事で、少しもめたことがあった。

 なんどか「和えなくていい」と伝えるも、その都度、和えて食卓に並べた。

 内心、“何度言っても伝わらないのか”

 と、少しあきれ、言うのを止め、今まで通り、ヨーグルトを和えて食卓に並べられたものを頂くことにした。

 そんなことが、度々あった。

 同居を解消してから、1年経ったが、どういった思いだったのだろう。

 どういった思いで、カットしたキウイフルーツをヨーグルトで和えていたのか。

 スーパーマーケットなどで、フルーツのコーナーを目にするたび、和えている後ろ姿が浮かぶ....

 

オリンピックシンボル“五輪マークは五色”

五大陸の相互の結合、連帯を意味しているだとか

 五色(左から青・黄・黒・緑・赤)の輪を重ねて連結した形で、ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの五大陸と、その相互の結合、連帯を意味しているだとか。

 色で特定の大陸を意味しているわけでは無いが、色々な国や文化、人々が協力し合ってこそ、ようやく成功に導けるのではないか。ましてや、ホスト国だったとして、日本なり、東京が、できる限り率先して行動してこそにも思う。

 直接、携わることは難しかったとしても、なにがしかで協力できれば良いのだろうとも思うが、どうか。

 

オリンピックシンボル(英: Olympic symbols)は、国際オリンピック委員会(IOC)のマーク・旗・シンボルのことであり、オリンピックムーブメントの象徴である。

オリンピックマーク、いわゆる五輪マークは、単色または五色(左から青・黄・黒・緑・赤)の輪を重ねて連結した形で、ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの五大陸と、その相互の結合、連帯を意味しているが、どの色も特定の大陸を意味したものではない。ピエール・ド・クーベルタンが古代オリンピックの開催地の一つであるデルフォイの祭壇にあった休戦協定を中に刻んだ五輪の紋章に着想を得て製作し、1914年にIOC設立20周年記念式典で発表された。

f:id:ktake0606:20190628175859p:plain

オリンピックシンボル - Wikipedia

友人に色覚異常(色盲)の子がいた....

亡くなってしまったが、幼馴染に色覚異常の子が

 幼馴染に色覚異常の子がおり、映像の世界に興味がある、という話を聞いていた。そいつの父が、そういった世界に身を置いてたことが影響していたのだろう。ただ、色覚異常が影響したか、その道をあきらめたという事になるのか。

 その幼馴染も亡くなってしまったが、たかが“色”ごときでとやかくいう奴が、あまり好きではないということの、一因にもなっている。

 

色覚異常(しきかくいじょう)とは、ヒトの色覚が正常色覚ではない事を示す診断名である。「色盲」などとも呼ばれる。

2017年9月から日本遺伝学会により「色覚多様性」という呼称が提唱されている。正常色覚とされる範囲は、眼科学によって定義される。要因が先天性である場合を先天性色覚異常、後天性である場合を後天性色覚異常と分類する。先天性色覚異常を持つ人は、日本においては男性で約5%、女性で約0.2%の割合であるが、フランスや北欧では男性で約10%、女性で約0.5%であり、アフリカ系の人では2-4%程度である。

色覚異常 - Wikipedia

見た目にはあらわれないが“色づかいが、半端ないな”

 色覚異常の友人は、高校に進学し、1年時によく遊んだやつの中にいた。美術の授業で、風景画を描いていた時のこと。

 “色づかいが、半端ないな”

 と思い、そいつの描くものを眺めていた。

 そいつ自身、体格もあり、一見そういった障害持っているようには思えなかった。どちらかといえば、明るいタイプであったし、積極的に、そいつから話しかけてきた。仲良くもなり、放課後のなどよく遊んだ。

 見た目にはあらわれないが、本人がどういった思いで過ごしているかも分からない。ましてや、色になど現れるはずなどない。

 色覚異常の友人がふたりいたが、彼らを想うとそういった考えにしか至らない。

 

文庫版 話を聞かない男、地図が読めない女

文庫版 話を聞かない男、地図が読めない女