takeさんのnikki ~"S”さん日記~

"通信、紙媒体、J-ROCKの三位一体でこそ” ヤタガラス、ライオン、ユニコーンのトリニティを内包(*‘ω‘ *)

木漏れ日が歩道の濃淡としてゆれて現れるさまを眺めるのが好きだ |多摩川台公園古墳でゆったりとした時間を過ごした

f:id:ktake0606:20190619114711j:plain

木漏れ日が歩道の濃淡としてゆれて現れるさまが好き

多摩川台公園古墳でゆったりとした時間を過ごした

 学芸大学駅で乗車し、田園調布駅で下車。

 駅前から放射状に、道がまっすぐと伸びている方の反対、つまり東口、そちらから多摩川駅まで歩いて向かうことにした。

 前回、多摩川駅にお世話になった際は、多摩川浅間神社に真っすぐ向かったが、今回は、古墳を見にいくことにした。小学生くらいの頃、多摩川台古墳群を見に来たはず。当時を思い返しながら、向かった。

 現地に着くと、園内を散策。

 多摩川台公園古墳展示室の建物などを写真に収め、ゆったりとした時間を過ごした。

追記:19/7/9   

 この日も、田園調布で下車し、散策をスタートしました。

 以前からお世話になっていた、田園調布。隣接するバスターミナルから、シャトルバスが出ており、IKEA港北に向かう際などは、利用させていただきました。その節は有難うございました。

 ただ、残念なことに、IKEA港北に向かうシャトルバスは、2015年に廃止されてしまった様です。 

 ひとまず、多摩川駅に向かうことにしました。西口から向かい、線路沿いを歩いて向かいました。途中、大使館や教会など見てまわりました。

 IKEA港北店での、思いで話もあるのですが、今回は割愛させていただきます。

謎のお店。気になってしかない(*‘ω‘ *)   

f:id:ktake0606:20190711125646j:plain

大田区多摩川台公園古墳展示室はこちらに(*‘ω‘ *)   

f:id:ktake0606:20190619112449j:plain

多摩川台公園(たまがわだいこうえん)は、東京都大田区田園調布一丁目に位置する大田区立公園である。

多摩川に沿って北西から南東に向かって舌状に広がる台地上に約600mにわたって面積66,661 m2で展開している。

公園のある台地は武蔵野台地の南端部にあたり、国分寺崖線に位置するために多摩川との高低差は大きい。また、2基の大前方後円墳と8基の古墳があって、すぐ近くで眺められるのも本公園の特色のひとつである。 またさらに、桜の木が多く、春には桜の名所として知られている。

ここは1953年に東京都立多摩川台公園として整備され、1975年に区に移管されて大田区立多摩川台公園となって現在に至っている。

多摩川台公園 - Wikipedia

幼少期のダンゴ虫の話し“バケツにいれカラカラ鳴らして帰った”

 園内を歩いて回った。階段などがあり、起伏も富んでいる。また、樹々も茂っており、涼しく感じた。

 木漏れ日が歩道の濃淡としてゆれて現れるさまを眺めるのが好きだ。

 ダンゴ虫を久しぶりに目にした。

 それも複数匹。

 バケツに大量のダンゴ虫をいれ、カラカラしながら自宅まで、連れて帰ってきた、という話を母がたまにしていた。

 そんな、幼少期を送っていたようだ。

映画『風の谷のナウシカ』の元になったダンゴ虫   

 “幼少期のダンゴ虫”が、のちに、映画『風の谷のナウシカ』のオームの元になったのだとか、ならなかったのだとか。そんな話を人づてに聞いたことがあるとか、ないとか。

f:id:ktake0606:20190619114428j:plain

風の谷のナウシカ [Blu-ray]

風の谷のナウシカ [Blu-ray]

虫眼とアニ眼 (新潮文庫)

虫眼とアニ眼 (新潮文庫)

多摩川台公園で見られる主な野鳥らしいです(*‘ω‘ *)   

 らしいのですが、そんな簡単に目にすることはできない。次回以降といい聞かせていたのですが、耐え切れない。なので、有隣堂 アトレ恵比寿店で、野鳥図鑑を購入してきました(*‘ω‘ *)

f:id:ktake0606:20190619155936j:plain

街・野山・水辺で見かける 野鳥図鑑

街・野山・水辺で見かける 野鳥図鑑

樹々の合間の向こうに見えるのが武蔵小杉のビル群   

f:id:ktake0606:20190619113440j:plain

以前は思うことは無かった“道端にも様々な花が咲いている”

 あじさい園も併設されており、向かうことにした。

 最近、樹々もそうなのだが、花々も気になる。以前なら気づくことはなかったし、恐らく目にしたとしても、何も感じることなく素通りしていたのかも知れない。

 街中でも、花々を目にするようになった。以前なら、何も感じることなく、目的地は目指していたが、違う。目にするようになると、気になって仕方ない。気づかなかったが、街中でも、様々な種類の花を目にする事ができる。

 道端にも、様々な花が咲いていた。

こちらがアジサイになります(*‘ω‘ *)   

f:id:ktake0606:20190619160442j:plain

ディモルフォセカ    

f:id:ktake0606:20190619162627j:plain

アフリカキンセンカ属(あふりかきんせんかぞく)は、キク科キク亜科キンセンカ連の属である。学名ディモルフォセカ Dimorphotheca。学名は「二形性の実」の意味。

オステオスペルマム属 Osteospermum に非常に近縁で、容易に雑種を作る。2属の区別は難しく分類は流動的で、近年では Nordenstam (1994, 1996) の系統解析により、オステオスペルマム属から Blaxium 節(O. jucundus / D. jucunda など)が移された。Gawenda & Debener (2009) によると、2属を分けることはできず、合わせてもその遺伝的変異は一般的な属に満たない。

アフリカ南部(南アフリカ共和国、ザンビア、アンゴラなど)原産。一年生または多年生の草本または低木。花卉のために栽培される。

アフリカキンセンカ属 - Wikipedia

「この花なに?」がひと目でわかる! 散歩の花図鑑

「この花なに?」がひと目でわかる! 散歩の花図鑑

映画『シン・ゴジラ』タバ作戦の舞台となった「多摩川浅間神社」

“たけくらべ”の石碑を写真に収めることに....

 アジサイ園を後にし、多摩川浅間神社にお邪魔しました。

 “たけくらべ”の石碑を写真に収めることにした。180cmまでメモリが両サイドにふってある。

 自分の身長を、柱に削るようにしたことを思い出した。ある時期から、思っていた以上に伸び悩んだようだった。両親のものを追い越すのは早い時期訪れたが、以降伸び悩んだようだ。

f:id:ktake0606:20190619120201j:plain

f:id:ktake0606:20190711130013j:plain

司馬遼太郎と寺社を歩く (光文社文庫)

司馬遼太郎と寺社を歩く (光文社文庫)

多摩川を一望できる社務所の屋上から、富士山も一望できる

 多摩川を一望できる社務所の屋上から、川崎方面一帯を眺めることにした。

 映画『シン・ゴジラ』にも出てくる丸子橋や、川崎フロンターレがホームとする、等々力陸上競技場もこの場所から一望できる。武蔵小杉のビル群の向こうに見えるのが川崎駅周辺のビル群。反対側に目をやると、二子玉川周辺のビル群も目に入った。

 天候に恵まれれば、富士山も一望できたはず。今回は叶わなかったが、次回以降に期待。

手前に見えるのが丸子橋。奥のビル群が武蔵小杉駅周辺(*‘ω‘ *)   

 映画『シン・ゴジラ』劇中、多摩川を挟み、シン・ゴジラと自衛隊が対峙していた。

 自衛隊のヘリが攻撃するも効いているそぶりもない。丸子橋が蹴り上げられ、戦車隊の上に。

 そういったシーンでっした(*‘ω‘ *)

f:id:ktake0606:20190619121451j:plain

反対側の向こうに見える、ビル群は二子玉川周辺のもの(*‘ω‘ *)   

f:id:ktake0606:20190711130207j:plain

丸子橋(まるこばし)は、多摩川下流にかかる、主要地方道東京都道・神奈川県道2号東京丸子横浜線(中原街道)の橋梁である。

東京都大田区田園調布本町と神奈川県川崎市中原区上丸子八幡町の間に架けられている。丸子橋の管理は東京都が行う。 河口から13.0 kmの位置にあり、鉄道橋を除けばガス橋と二子橋の中間にあたる。

橋の間に東京都と神奈川県の都県境がある。片側2車線道路で、中原街道が上を通っている。近接して上流側に東急東横線・東急目黒線の東急東横線多摩川橋梁、下流側に東海道新幹線の東海道新幹線多摩川橋梁の二つの鉄道専用橋があり、丸子橋はこの二つの橋にはさまれる形で架かっている。

初代の橋は1934年(昭和9年)に建設され、その後、2000年(平成12年)に現在の橋に架け替えられた。

初代の橋はリズミカルなアーチが組み合わされた姿が特徴で、1990年(平成2年)にかながわの橋100選に選ばれた。

丸子橋 - Wikipedia

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

幼少の頃からビルが好き"ダイヤブロックでビルをつくるほど”

"池袋サンシャイン60”に、じい様に連れられ....

 ビル好きは、今にはじまった事ではなく、幼少から。高いところが、とにもかくにも好きでした。

 "池袋サンシャイン60”に、父方のじい様に連れられ、展望台から景色を眺めたことを思い出されます。

 小さい頃から、ビルが好きで好きで仕方ない。

 "ダイヤブロック”などで遊ぶとするなら、まず、"ビル”をつくる。

 今から思うと、"ダイヤブロック”でビルをつくると言う発想は違和感を感じざるを得ない。そらそう。

 ダイヤブロックは長方形。そのダイヤブロックでビルをつくるとて、長方形に違いない。おかしい。

 確かにおかしいが、それはあくまでも、"大人がみてどうか”なだけで、そいつにとって狙いがあった可能性も否定できない。

 その都度、飽くなきチャレンジを試みていたかも知れない。そいつなりのチャレンジがあったかも知れない。

 

diablock BASIC 350

diablock BASIC 350

武蔵小杉ビル群   

現在40階建て以上のビルが計10本建っているのだとか。

f:id:ktake0606:20190709161152j:plain

2008年夏西新井大師西駅近くのデニーズ....

 武蔵小杉近辺を散策し、丸子橋方面へ向かう。途中、中原街道沿いにデニーズを見つけ、ひとまず入ることにした。

 注文を済ませ、少し考え事をした....

2008年夏   

 まだ、ドリンクバーが無かったころ。

 舎人ライナー西新井大師西駅近くのデニーズにいた。その日は、早朝に会い、朝食をその店舗で頂くことにした。

 お腹が空いていたのか、複数の品を注文し、"パクパク”と美味しそうに食べていた。

 そのさまを眺めていると、嬉しくなり、自分も同じように食べた。どういう事を話したかは思いだすことは出来ない。それでも良い記憶として残っているのなら、やはり、そういう事なのだろう。

 スプーンを握りしめたまま、ふねをこいでいる。

 よほど疲れていたのだろう、次から次へとたいらげたは良いが、満足したか、途中で眠ってしまっている。

 

 しばらく、眺めていると、”はっ”

 気づいたらしい。

 

 幸せな時間に思えた。ともに、口数は少なかったが、ゆっくりとした時間に、そういったものを感じた。

 窓から差す日に照らされていた、寝顔を眺めながら、ふっと思った。

 

西新井大師西駅(にしあらいだいしにしえき)は、東京都足立区江北六丁目にある、東京都交通局日暮里・舎人ライナーの駅である。駅番号はNT 09。北隣の谷在家駅と共に足立区の駅としては最も西にある。

駅名の通り、西新井大師の西側に位置するが、徒歩で20分、道なり距離で1kmほど離れている。西新井大師へは東武大師線大師前駅からの方が近い。

西新井大師西駅 - Wikipedia

いまこそ知りたいAIビジネス

いまこそ知りたいAIビジネス

  • 作者: 石角友愛
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2018/12/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

東急東横線に乗り渋谷に向かう際などは、様子が見てとれた。

 1950年代後期~1980年代中盤、読売巨人ファームの練習場

 丸子橋を渡り、武蔵小杉を目指す。丸子橋から、多摩川台公園古墳群方面を写真に収めた。

 副都心線が橋を渡っている様子が見てとれる。また、その橋の向こう側にグランドがあり、現在は、多摩川丸子橋硬式野球場となっているが、1950年代後期から1980年代中盤まで、読売巨人軍のファームが練習場としていた。

 東急東横線に乗り渋谷に向かう際などは、巨人のファームの選手が練習している様子が、見てとれた。

丸子橋から見た東急東横線多摩川橋梁(*‘ω‘ *)   

f:id:ktake0606:20190619150036j:plain

多摩川緑地広場硬式野球場(たまがわりょくちひろばこうしきやきゅうじょう)は、日本の野球場。東京都大田区の多摩川左岸側河川敷内多摩川緑地広場の一角にある。

かつて昭和中期 - 後期(1950年代後期 - 1980年代中盤)に、プロ野球球団の読売ジャイアンツ(以下、巨人)がファーム(二軍)の本拠地球場(イースタン・リーグ所属)及び練習場としていた。当時の名称は巨人軍多摩川グラウンド(きょじんぐんたまがわグラウンド)だった。

多摩川田園調布緑地には硬式野球用のグラウンドが2面存在しており、このうち上流側にある硬式専用のA面が巨人が使用していた当球場である(下流側のB面は硬式・軟式兼用)。現在は草野球、少年野球などを中心に一般利用向けに供用されている。

巨人が使用していた当時は、同球団が施設の管理を行っていた。現在は多摩川緑地広場管理公社が大田区から業務を受託して運営管理を行っているが、一級河川である多摩川の河川敷にあるため、敷地は所有者である国(国土交通省)から借用している。

多摩川緑地広場硬式野球場 - Wikipedia

プロ野球バカ本 まったく役に立たないブックレビュー!

プロ野球バカ本 まったく役に立たないブックレビュー!

“中原街道” 南西に位置する現在の平塚市中原と結ぶもの

 “中原”の名は、現在川崎市の行政に名を引き継がれているが、中原街道にちなむ“中原”とは、40キロほど南西に位置する現在の平塚市中原に由来し、江戸時代に将軍様が、江戸から鷹狩のため、おもむく街道と位置付けられており、一般的に相州道とも呼ばれ、東海道の「バイパス」として、多くの人に利用される。

 中原の名は、街道の行き先を借用した、珍しい地名になっているのだそう。

 多摩川を跨ぐため、昭和9年に丸子橋が架橋された。それまでは、丸子の渡しが両岸を結んでいた。

 

中原御殿(なかはらごてん)は、江戸時代初期、相模国平塚中原にあった徳川将軍家の御殿(別荘)である。現在の神奈川県平塚市御殿二丁目に相当する。

徳川家康の命により、江戸・駿府間の往復や鷹狩の際の宿舎として文禄5年(1596年)[要出典]に建てられた。一方で、慶長年間に設置されたとする説がある。正保国絵図および元禄国絵図によると、「御殿」との記録がある。

「御鷹野御殿」「東照宮御旅館」「雲雀野御殿」ともいったが当時の呼称は「御旅館」。

神奈川県内には他に、神奈川御殿(横浜市神奈川区)、小杉御殿(川崎市中原区)、藤沢御殿(藤沢市)があった。

中原御殿 - Wikipedia

地図で読む昭和の日本: 定点観測でたどる街の風景

地図で読む昭和の日本: 定点観測でたどる街の風景

新丸子~武蔵小杉高架下グルメストリート 6.6 OPEN!!

御徒町駅高架下にある“2k540 Aki-Oka Artisan”

 新丸子から武蔵小杉まで歩いて向かった。東急東横線高架下に“グルメストリート”というものが6月6日にオープンしたのだそう。

 高架下を飲食店などの店舗として利用することが増えてきているのか。学芸大学駅近辺の高架下そうなら、中目黒近辺もそう。

 御徒町駅高架下にある“2k540 Aki-Oka Artisan”も良く知られていますね。

 

山手線ものがたり

山手線ものがたり

御徒町駅(おかちまちえき)は、東京都台東区上野五丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。駅番号は京浜東北線がJK 29、山手線がJY 04。

乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線1路線のみである(詳細は路線記事および鉄道路線の名称参照)が、当駅には京浜東北線電車および山手線電車の2系統が停車し、旅客案内では「東北(本)線」とは案内されていない。また当駅は、特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属している。

御徒町駅 - Wikipedia

東急東横線高架下“グルメストリート”新丸子~武蔵小杉

東急東横線高架下“グルメストリート”(*‘ω‘ *)   

f:id:ktake0606:20190711131618j:plain

f:id:ktake0606:20190711131637j:plain

f:id:ktake0606:20190711131651j:plain

 高架下を有効的に利用している店舗が増えてきているようです。

 グランツリー武蔵小杉の近くにも、そういったお店があります。以前から気にはなっていたのですが、まだ、お食事はしたことがないので、機会がありましたら、お邪魔したいですね(*‘ω‘ *)

PUBLIC HOUSE武蔵小杉   

f:id:ktake0606:20190625125054j:plain

JR京浜東北線沿線の不思議と謎 (じっぴコンパクト新書)

JR京浜東北線沿線の不思議と謎 (じっぴコンパクト新書)

武蔵小杉駅北口、みな急いでどこかに向かう

開業2019年11月末、JR武蔵小杉駅と相鉄線が直結

 武蔵小杉周辺に着くも、お腹が空いた。

 歩き回ったこともあり、ゆったりと過ごす事が出来るところが良いと考えた。駅北口周辺で探してみたものの、時間が時間ということもあり、開店前というところが大半。

 自然とファミレスという選択肢になる。

 南武線の駅舎を右手に見ながら、北口バスターミナルを真正面から見てとれる位置に立つビル2階の店舗。

 朝早くという事もあり、客はまばら。サラリーマン風の中年男性がメイン。朝食をとりつつ、何かの作業している。

 みな、忙しそうにしている。

 注文を済ませ、ボンヤリと店内をながめていた....

 

『坂の上の雲』第6回日英同盟 気になる台詞.... 

「最も貧しいものが、最も尊いものである」

「古き良きロシアはどこへ行ったのでしょう」

 日本も同様にして、どこにもない。古き良き日本などどこにもない。自分程度の人間でもそう思うのだから、どうにもならない事。

 貧しいものが、最も尊いわけではない。文字通りそんなことは無いが、そう言うものだと想い、向き合えということ。理解できる話。うまく出来なかったのだろうが、そのつもりで向き合ってきた。ただ、それも意味のない、無駄なことと気づき、悲しくなった。とにかく悲しいし、悔しくてやりきれない。

 馬鹿馬鹿しいし、くだらない。

 そんな想い。

 たとえ、拙い表現だとしても、その言葉で知りたい

 実家にいる理由でもある。介護が必要な父と身のまわりの事をしている母。

 とくに手伝うこともしていないが、少しでも話すことで、心を知りたいと思っている。日本はもう無いのだからなおさら。よそ様の言葉ではなく、両親の言葉で知りたい。たとえ、拙い表現だとしても、その言葉で知りたいのだ。

 そういった想いで、実家にお世話になっている。

 

NHKスペシャルドラマ・ガイド 坂の上の雲 第2部 (教養・文化シリーズ)

NHKスペシャルドラマ・ガイド 坂の上の雲 第2部 (教養・文化シリーズ)

  • 作者: 司馬遼太郎,野沢尚,佐藤幹夫,柴田岳志,NHK「坂の上の雲」プロジェクト,NHK出版
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/10/25
  • メディア: ムック
  • 購入: 4人 クリック: 64回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る